認定心理士会オブザーバー   メンタルヘルス支援の会所属公式ブログ

本業は普通のサラリーマンです。精神疾患患者さんのバックアップを社会的使命として、当該ブログ運営者をしています。

うつ病は歳をとると治る

<pre>   最初にやることは、勉強でもどんな仕事も大変ですよね。でも、我々には有限なれど時間という武器があります。時間の経過による関係性の変化は時に良くも悪くもします。もし、慣れなくて最初は手こずっていた仕事も時間が経過し、関係性が変化すればなんてことないことになることもほとんどです。赤ちゃんにはできないことも大人にはたやすくできる事がたくさんあるように、人間が成長することもありますが...

続きを読む

うつ病による腹痛、胃痛にはブスコパンが効果あります

 適応障害が悪化して、うつ病に病名が変わるまでに二年そこから、抗うつ薬と向精神薬とベンゾジアゼピンで服薬治療を開始してから二年過ぎて、ある日から嘔吐と下痢に悩まされ、日に日に体重が減少し続ける患者さんがいらっしゃいました。 一般的に、休職して服薬治療を始めると太ります。原因は、抗うつ薬と向精神薬には身体の代謝を遅らせる効果があるので、自然と食べた物が蓄積されるからです。 そして、体調が慢性的に悪い...

続きを読む

うつ病が治ったという診断基準について

  10年前にうつ病を発症し、現在かなりよくなってきました。という若い女性患者さんからの御相談メールを頂きました。  10年前にうつ病を発症し、現在薬も飲んでおらず、ほとんど発症前の状態に近づけたのではないかと思っていましたが、また最近少し調子が悪くなってしまいました。それで、私はいつになったら元の生活を取り戻せるのだろうと、とても気持ちが落ち込んでしまいます。  うつ病が治ったと判断できる...

続きを読む

非定型うつ病は境界性人格障害の引き金になる可能性が高いことがある

最近までは精神科医の間でも議論があったもので、いまだに通常のうつ病治療と治療を同じにすべきか見解の分かれる病気です。
一見、ただの甘えじゃないだろうか?そんなふうに思ってしまいがちな非定型うつ病。しかし、そんな非定型うつ病を放置したままにして悪化してしまうと、境界性人格障害にその症状が発展していく可能性があるのです。
境界性人格障害とは、感情の起伏が激しくなり対人関係が極端に不安定になる状態です。キ...

続きを読む