認定心理士会オブザーバー   メンタルヘルス支援の会所属公式ブログ

本業は普通のサラリーマンです。精神疾患患者さんのバックアップを社会的使命として、当該ブログ運営者をしています。

韓国の病み

(韓国における自殺と自殺率について)  韓国の自殺は、OECD30カ諸国の中で最も高い割合であり、OECDによれば2002年以降人口10万あたりの自殺者数では日本を超えています。2010年のWHO統計では、人口10万人あたりの自殺者数で世界1位となりました。韓国の死因に占める自殺は過去10年間で倍増しています。韓国の場合、高齢者に自殺が偏っており、60歳以上の自殺率は、2009年は10万人あたり68.25人、2010年は69.27人と極めて高...

続きを読む

精神疾患の遺伝による影響(サイコパス=84%)

今は倫理的な観点から表に出てくることはない研究だが、イギリスの精神科医の研究結果に興味深いものがあります。任意の3年間に生まれた1,000組の双子の子どもたちを対象に、反社会的な傾向の遺伝率調査が行なわれました。それによると、「冷淡で無感情」といった性格を持つ子どもの遺伝率は30%で、残りの70%は環境の影響だとされました。更に続けて研究者は、1,000組の母集団の中から社会生活の中で、教師などから「矯正不可能...

続きを読む

エピローグ 自殺するなんてカッコ悪いよ(ハラさんの自殺をきっかけに日本の自殺問題を考察するその3) 

日本人が自殺をやめない本当の理由(日本人の自殺に対する誤った認識)  最も重要なことをいいます。日本には、土壌に“自殺を許容する文化”があります。更にいえば、自殺を美化するところさえある。と思います(言わば、周囲に惜しまれ、多くの人の同情を得て、悲劇の中亡くなってしまった人。というように思ってもらえるだろうという誤解)。(自殺はかわいそうなことでも、悲しむべきものではない)  自殺は絶対にいけ...

続きを読む

何故日本は自殺大国の汚名をくつがえせないのか(その2)…カ•ハラさんの自殺を機にした考察

(ハラさんの自殺)  先日の記事では、ハラさんの自殺という非常に残念なニュースについて記述しました。昨日から私なりに少し自殺について考えています。日本や韓国では何故自殺者が多いのか、一時的に減少しても、またすぐ増加につながる。都心の駅や地下鉄には、インフラ整備の一つとして自殺抑制対策がしてある国なんて日本くらいのものでしょう。  電車に飛び込む自殺などにはみんな慣れきってしまって、珍しさなど...

続きを読む

ク・ハラさんの自殺から垣間見える韓国社会の不寛容さ(韓国社会の自殺率の多さについての考察1)

  KARAの元メンバーであるク・ハラさんが亡くなりました。死因は自殺です。韓国の人気アイドルグループの元メンバーの彼女は、2008年、韓国のアイドルグループ「KARA」のメンバーとしてデビュー。日本でも人気を誇り、2011年には紅白出場も果たしています。  そして今月、彼女は亡くなる2日前に日本から韓国へ帰国し、友人と会う約束をしていました。友人に「とてもつらい」「すべてから離れたい」と心境を吐露していた...

続きを読む