認定心理士会オブザーバー   メンタルヘルス支援の会所属公式ブログ

本業は普通のサラリーマンです。精神疾患患者さんのバックアップを社会的使命として、当該ブログ運営者をしています。

ワイバックス(ロラゼパム)とリボトリールの抗不安作用における比較

1.ワイパックスとはどういった薬?ワイパックスは「ベンソジアゼピン系」という種類の薬の1つです。 ベンゾジアゼピン系は、脳の働きを落ち着かせる「GABA受容体」に作用して、次の4つの効果を発揮します。 ・不安を取り除く(抗不安)作用・筋肉をほぐす(筋弛緩)作用・気持ちを落ち着かせ、眠気をもよおす(鎮静催眠)作用・けいれんを抑える(抗けいれん)作用 ベンソジアゼピン系には多くの薬があり、上記4つの効果の強弱...

続きを読む

リボトリール(ランドセン)とGABA

 ベンゾジアゼピン系薬剤の中でも抗不安薬効果などが抗うつ薬レベルの強さがあるとされているリボトリールですが、他のベンゾジアゼピン系薬剤と異なり、GABAとの相互作用によりその効果を飛躍的で上げていることは、以前の記事で取り上げたところです。 しかし、実際のところ何故リボトリールだけがGABAとの相乗効果を引き起こすことができるのでしょうか。このメカニズムは薬学的にいまだ明確にはされていません。 もし、この...

続きを読む

睡眠薬にロキソニンを併用(今日は令和二年の仕事初めでした)

 毎日のブログ更新を生業としてきましたが、さすがに今日は疲れました。  昨日の夜は仕事に行きたくなくて眠れなかったのですが、行ってしまえば大したことはないんですよね。身体は重たいですが(笑) 少し頑張って行く。その一歩が踏み出せるかどうかが、うつ病の軽重なのかもしれませんね。今年は頑張って休み少なめで出勤していきたいと思います。 ちなみに、睡眠薬は全く効果ありませんでしたが、何故かロキソニンを飲ん...

続きを読む

✔︎ ブスピロン(非ベンゾジアゼピン系薬)についてのレビュー

  デパス(エチゾラム系)やアモバン(ゾピクロン系)などのベンゾジアゼピン系は今まで個人輸入が可能な薬でしたが、「エチゾラム」「ゾピクロン」の適応症は幅広く、効果も強力である一方、強い依存性や副作用を伴うリスクが長年問題視されていました。  厚生労働省がベンゾジアゼピン経験薬物全般について、2016年10月に「向精神薬指定薬」に分類しました。従来服用してきた方にはとても良くないことですね。よって厚生労働省は...

続きを読む

抗不安薬の種類と力価、強さをランキングしてみると‥‥

飽くまで、科学的な薬理としての一般的に見込める効果をランク付けしたものであり、このランキングと個々人に対する効き目は絶対的な指標ではありません。例えば、私の場合はロラゼパム(ワイパックス)よりリボトリール(ランドセン)の方が抗不安薬としては良く効きますが、催眠効果としてはロラゼパムの方が効きます。しかし、一番抗不安薬として効果を感じるのはデパスであったりします(笑)。本当に様々であり、体質や原因と...

続きを読む