本業は普通のサラリーマンです。精神疾患患者さんのバックアップを社会的使命として、当該ブログ運営者をしています。

社会人のメンタルの作り方

2020/01/27
メンタルヘルススレ 0


   
 私が社会人四年目くらいの時のことです。自分の課に優秀な新人が配属されてきました。本当によく仕事ができて、かつ気が強い。民間企業からの転職ということで業務の内容の差異はあれど、経験もありました。

 その年の秋になる頃には、既に私より実力つけていたし実績も上げていました。それが非常に悔しかったですね。

 ある飲み会の帰りに「◯◯さん(わたしのこと)が採用されたのはマグレですよ。」とヘラヘラしながら馬鹿にしたニヤケ面で言われてしまいました。

 それから更に頑張って仕事してきたのですが追いつけませんでしたね。

 私なりに分析して仕事の進め方などを分析したりしました。その結果、仕事をする上でのメンタル的な気の弱さに問題があると思い、いろいろな偉人、賢人の名言をメモして集めたり、心に響いた言葉を同じようにメモしてたくさん覚えたりしてきました。折れない心をつくり精神的に成長するためになると思いました。

 しかし私、学歴的なこともあってヘタにプライドが高かったのですが、後輩に完全に実力負けしてかつバカにされているとあっては、もう悔しいことを通り越して悲しかったですね。そういったことがいろいろなきっかけになりました。

 ある日「自分はバカで気も弱いんだから、仕事はボロ雑巾のように泥臭く不器用にやればいい。それしか生き残る道はないし、それが本来の自分の姿なのだろうから。」と開き直ったら、凄く楽になりました。

 前述しましたが、いろいろな偉人、賢人の名言をメモして集めたり、心に響いた言葉も感動はすれど、自分の心と能力の在り方に近しいものは中々ないものです。所詮、偉人は偉人、賢人は賢人、そして自分は自分なのです。真似ではだめなのです。

 何故なら人の能力は千差万別です。そして、人の心には強弱も優劣もありませんよね。結局は自分に合った言葉や心の在り方は、自分で探すしかないのですから。



チロシンはサプリメントからの摂取が有効であることが認められています
   
関連記事
内山田 宏
Author: 内山田 宏
認定心理士

コメント(0)

There are no comments yet.