nendアフィリ(

 )
プロメンター公式サイト     メンタルヘルス支援の会会長   公式サイト

Welcome to my blog!

昨日の続き(後半)休職時に感じる不安.疎外感.復職への不安(その2)

2019/10/04
不安感について 0
fc2blog_20191003203326205.jpg

かなりうやむやになってしまって、タイトルの問題については、全く論点ずれというか、自分の考えをかけていなかったので申し訳ありません。
さて、休職中の不安への対応ですね。私の場合は、休職中ですが、夕方から調子のいい時は繁華街を散策するようにしていました。新宿や渋谷です。活気に当たると自分の病気を一時忘れられるのが良かったんだと思います。どれくらいやっていたのかなあ‥‥。あれだけ嫌だった職場、仕事に「もう一度復職して頑張ってみようかな。」と一瞬思えた時がありました。家にこもって休む時期はもちろん大切ですよ。本当にしんどい時はトイレに行くのも辛いものです。少しずつ元気になってきたら、散歩などをお勧めします。風や、空気、景色、歩いている感触にだんだん気分の良さを感じるようになります。
そしたら、なるべく人との接点を増やしていくといいと思います。不思議とですね、「何やっても生きていけるんだ。」って気持ちになります。人生心配するほど大変じゃないんだ。と。そんな感じになってきたらあなたの病気は大分回復してきています。



そこで、繁華街治療方を実践してみてください。繁華街にはいろんな人種の人が様々な生き方をして生活しているのが見えてきます。あなたが属している世界や組織が世界の本当に些末な一部に過ぎないことが見えてくると不安は一気に解消します。
そうすると、思える時がきます。「もう一度会社に戻ろう」って。
つまり、不安感と病気の症状の軽重は比例関係にあることが分かります。不安感がすごく強い場合は、あなたの病気も、まだかなり悪いということです。
だって、不安感が強いこと自体、病気の症状の一つじゃないですか。もっと言えば、あなたが今痛切に感じている不安感こそが病気の症状の一つなんです。いくら薬飲んでも楽にはなりませんよ。いきなり楽な気持ちにもらなれません。少しずつ不安感を和らげていくしかありません。焦らず今はじっくり不安感と組み合っていきましょう。逃げたらだめです。頑張ってください。
今日もありがとうございました。


人気ブログランキングへ
関連記事

Comments 0

There are no comments yet.