本業は普通のサラリーマンです。精神疾患患者さんのバックアップを社会的使命として、当該ブログ運営者をしています。

一度に複数のものを処理したい

2020/02/25
その他 0
   

 どうしても、一回の外出で全ての用事をすませたい。一回の運動でいくつかのことを済ませたい。

 合理的に時間を大切に生きるためには習得しておきたいテクニックですよね。

 でも、必ず、あれ買うの忘れた。あれするの忘れた。ということで、やり忘れがあったりしませんか。

 それは、脳の機能が一回の行動でやれることは一つしかないという機能についての理解不足が原因だと思います。

 そのために、例えば車を降りてコンビニに行き帰って来るまでにやるべきことをいくつか処理しようと思ったら、やるべきことを列挙しておくのではなく、時系列にやるべきことを並べて覚えておくとよいでしょう。

 すなわち、やるべきことがいくつもあるとき、一回の行動でもれなく全て処理するためには、人間の脳は一つの行為をしている場合はそれ以外のことを考えられないということから、一回の行動でいくつかのことを処理するためには、複数の行為を並列にやるのではなく、一回の行為の連続処理をすることとして段取りをイメージしておくとよいです。



参考書籍



関連記事
内山田 宏
Author: 内山田 宏
認定心理士

コメント(0)

There are no comments yet.