本業は普通のサラリーマンです。精神疾患患者さんのバックアップを社会的使命として、当該ブログ運営者をしています。

職場の後輩がうつ病で休職しています

2020/02/29
メンタルヘルススレ 0

   

 職場のpcでは、スカイプなどの簡易メッセンジャー機能に、仕事でよく連絡する人や相談する人、プライベートな話をする人などを登録し、リストにして一覧表示できる機能がありますよね。

 私がとても可愛がっている後輩の女性がいます。笑顔がとても素敵なのは異性としての魅力ですが、それ以上に気になっていることが、彼女がこの修羅の国のような喧嘩を職業とするかのような職場で、彼女独特の長所を武器に健やかに成長して一人前になれるかということです。

 とても丁寧に人に接する性格とかなりマイペースな個性をもっており、攻撃型性向が強い人ばかりのこの職場で、理不尽なトラブルを抱えていないか、仕事のことで悩んでいないかなど私は常に気にしていました。あまりプレッシャーにならないように、半月に一度程度メールを送り精神状態を見守り観察してきました。

 しかし、結果的にかなりのハードワークがたたり疲弊し、抑うつ状態の休暇から本格的に休職に入ってしまいました。

 彼女は先週の時点で、欠勤110日でした。悪い方に私の予感は的中してしまった訳です。

 さりとて、彼女が何か月も過労死ラインを大幅に超える月間残業時間を幾月過ごしてきたかについてのログは分からない。人間関係のストレスやトラブルに悩んでいたという情報はありません。

 抑うつ状態になる前に気づき少しでもケアをしてあげられなかったことが悔やまれます。それは私の仕事かといえば違うのかもしれません。直属の管理者やチームリーダーの仕事だったと思います。
 ただし、最も彼女がうつ病やメンタルヘルスに問題を抱えてしまう懸念があることを見抜いていたのは奢りではなく私でしょう。

 今は、彼女とも連絡が取れずにただ回復を祈るばかりしかできません。こうなってしまうととても無力ですね。情けないほどに。

 若くして一人前になる前にメンタルを病んでしまうと復職できる可能性はとても低いことは臨床的に明らかになっています。

 ただ、今私が望むことは彼女とコンタクトをとり、話を聞いて寄り添うことです。

 もし、彼女が強い魂をもっていれば戻ってくることはできると思います。しかしそれは私には分かりませんし、運頼みのことです。

 長くなりましたが、今の私の最大の心配事は彼女のことです。どうか健やかに治療が前進していることを祈ります。



参考書籍

関連記事
内山田 宏
Author: 内山田 宏
認定心理士

コメント(0)

There are no comments yet.