本業は普通のサラリーマンです。精神疾患患者さんのバックアップを社会的使命として、当該ブログ運営者をしています。

未来に希望をもって生きることが正解なのか(懐疑論)

2019/10/08
心の在り方について 0



  今あなたがどん底にあるならば、未来に希望をもつべきだし、今のところ特に不満もなければ未来ではなく足元救われないように現実を見ているべき。そして、今の自分に満足しているのなら、将来に危機感をもつべきだと思う。


  人生にはどうしても山もあり谷もある。バイオリズムからは避けられないのが人間の宿命。

  病気も一緒です。今がどん底なら後は上がるだけ。どんどん元気になるだけ。どれだけ今が苦しくても、いつか坂道は下り坂になり、下り坂は登り坂になる。だから、どうか今を耐え忍んでください。ずっとどん底の人生の人なんてこの世にはいないのです。

  ある人は幸福の量は皆平等だともいいます。平等とは言わずとも、絶望だけの人生なんてないんです。絶対生まれてきたこと、生きていてよかったと思える日が来ます。そんなもんですよ、人生なんて。

  生きている喜びも生きている苦しみも、そんなもんです。深く悩んだりする程の価値はないんです。

  今日もありがとうございます。

関連記事
内山田 宏
Author: 内山田 宏
認定心理士

コメント(0)

There are no comments yet.