nendアフィリ(

 )
プロメンター公式サイト     メンタルヘルス支援の会会長   公式サイト

Welcome to my blog!

うつ病の次世代治療薬が大麻になる可能性

2019/10/18
抗うつ薬について 0

WHOにおいても、大麻の様々な慢性疾患などの適用について、医学的効果は公式に認められています。西洋医学の限界点を乗り越える治療薬として、近年非常に関心が高まっていて、うつ病の治療にも効果があると言われています。
ストレス社会と呼ばれる現代に、自然の力で症状を和らげる事ができる大麻は必要なのでしょうか。
アフリカでは古くから先住民の中で、狩り行く前や、儀式など様々な場面で活用されていたそうです。現在もその伝統は続いています。
大麻には気分をリフトアップしたり、やる気を起こさせたりと様々な効果があります。
本当に大麻は抗うつ剤の代替品になるのか。そして、大麻の主成分であるカンナビスに含まれる不安を和らげる成分はいったいどんな効果で、どのような薬理効果が望めるのか。我々として、天然由来の大麻は抗うつ剤の代替品になるのかが論点だと思います。
うつ病に苦しんでいる多くの人々は、自分が服用している医薬品の背後にある利益主義的な考え方と、副作用にどのような影響を与えるかについて心配しています。そのため、ついつい多くの人が代替治療法に目を向けます。不安やうつ病を治療するためのハーブの効果は非常に驚くべきものであり、それは当然のことながら大手製薬会社の関心を高めました。
一般的な抗うつ薬の多くはSSRIであり、これはセロトニンの再取り込みを阻害し、それによって利用可能なセロトニン量を増加させることによって機能します。
利用可能な科学的知識はまだ限られていますが、カンナビスは自然の強力(比較対象ではないかもしれません)なSSRIなのです。大麻にはたくさんの種類の有効成分があるので、その全てがどのように機能するのかを完全に理解するのに十分な研究結果はまだありません。
カンナビスに含まれる不安を和らげる成分。大麻の成分は、体内のホスホジエステラーゼゼ-4(PDE-4)受容体を阻害すると考えられている他の化合物です。この行動は精神病を予防し、不安を軽減し、精神的な明瞭さを促進することが示されています。
常にその使用を賞賛してきた先住民部族のように、西洋の専門家は今その瞑想の状態とその効果を比較しています。その心を落ち着かせる効果は人生のより明確な展望を与えると言われています。カンナの効果は摂取直後に起こるので、それは急性うつ病または不安のを治療するのに特に有効だといわれています。
関連記事

Comments 0

There are no comments yet.