nendアフィリ(

 )
プロメンター公式サイト     メンタルヘルス支援の会会長   公式サイト

Welcome to my blog!

統合失調症の人の顔つきや容姿について

2019/10/24
統合失調症について 0


  統合失調症の知り合いの方が自分の顔つきや容姿の変化について悩んでいました。彼女は自分の顔が能面のように強張った感じで、目つきがうつろになってしまったように思い、神経質になっていました。

  結論からいえば、人から見れば全く分かりません。長年かけてつくられた骨格筋や、表情筋が変化するのは容易なものではありませんよ。

  ただし、幻聴、幻覚などの症状で辛い時などはやはり、辛いのでくるしそうなお顔にはなりますよね。

  統合失調症は、以前は精神分裂病と言われ(すごいネーミングですよね(笑))、精神疾患に対する偏見や恐怖を感じられる要因の一つとして代表的なものでした。大分前は薬も本当に少なく、患者さんが陽生症状を抑えることは困難でした。さぞお辛いことだったかと思います。薬がないがために、症状が次第に悪化していわゆる人格荒廃になり、廃人になる。このような経過を辿る患者さんは今は皆無です。

  今は、統合失調症はほぼ完治(寛解)が望める病です。適切な治療を受けながら普通に働いている方も、症状固定して職場復帰する方もたくさんいらっしゃいます。これが今の統合失調症の患者さんを取り囲む実態です。

  前述しましたように、統合失調症の患者さんが陽生症状に苦しんでいる際に、特別おかしな顔つきや容姿になることはありません。顔つきや容姿は気になさらずにしていただければよいのですが、独り言や、一人びっくりは気をつけないといけないですね。まあ、周囲の人は普通におどろきますからね(笑)

いつでも!どこでも!オンラインで外国語が学べるitalki

関連記事

Comments 0

There are no comments yet.