本業は普通のサラリーマンです。精神疾患患者さんのバックアップを社会的使命として、当該ブログ運営者をしています。

実存的不安とうつ病

2019/10/29
心の在り方について 0


  心配性という性格の人は少なくないと思います。ただ、心配の対象が明確であればいろいろな対処法はあるし、カウンセリングなどで思考のクセをちょっと変えてあげるだけでも大分改善できる。私の場合は、99%理論で個別の心配にはわりと楽観主義です。
 ただ、ハイデガーの定義する、実存的不安(実存的不安とは、具体的な脅威を超越した、人間の存在その ものに関する究極の不安のことである。 実存的不安には、「死が 不可避である」ことに対する不安、「自分の人生には意味がない」 という経験に関連する不安、「人間は所詮一人である」という根 本的な孤独感などさまざまな側面がある。)というものが強くこればっかりは元来の宿敵というか天敵であります。
 仏教の勉強や、聖書を読むとなんとなく落ち着いてくるような気がするのでオススメしています(笑)。でも、根本的な解消にはなりませんから、常に心のうちに押さえ込んで生きていくしかないのでしょうね。
 そんな方も少なくないと思っています。あなたなら、どう対応していますか?是非教えていただきたいと思っています。こういう情報こそ交換に値すると思っています。
 私は、氏神様と御先祖様に祈るだけです(笑)。人間最後は神頼みとは、皮肉なものですね。最近、またこの実存的不安というものが、強く燻っていてちょっと憔悴しています。
関連記事
内山田 宏
Author: 内山田 宏
認定心理士

コメント(0)

There are no comments yet.