本業は普通のサラリーマンです。精神疾患患者さんのバックアップを社会的使命として、当該ブログ運営者をしています。

大学生の双極性障害の患者さん

2019/10/31
双極性障害について 0
大学生の質問者さんです。
双極性障害を去年発症し、1年間休学していた者です。去年双極性障害だと診断を受け、2年後期~3年後期までの1年間休学していました。
病状が安定してきたので、この秋 (3年後期)から復学をしたのですが、毎日授業を受けては家で泣き、の繰り返しです。酷いときは授業を受けられないこともあります。
このままでは悪化するので、と病院の先生にも、再度休学を進められました。ただ、そう早く治る病気ではないこと、休学をしたら周りと比べて更に焦りそうなことを考えて、休学にあまり気が進みません。
両親には退学も勧められていますが、小さい頃からずっと教師になりたかったので、大学を辞めるという選択肢も重すぎて選択できません。
そうなると、残る選択肢は頑張って通うことですが、中々体も心も思うように動きません。
休学、退学、頑張って通う…ぐるぐるとどれがいいのか考えていると一層強く、希死願望が出てきてしまい、気付いたら鬱状態になっている、ということの繰り返しです。客観的に見て、どの選択肢が一番良いのでしょうか…?
また、退学をしたとして、学校以外の教育業界で(塾など)正社員として雇ってくれる場所はあるのでしょうか?

私からのアドバイスです。
現在、かなり具合悪いのではないかと推察しています。大学は8年間在籍できますよね。大学を卒業してから社会人として働く時間を考慮すれば、2年、3年の休学などとるに足らない問題ですよ。大学院にでも行ったと思えばいいじゃないですか。
質問者さんは、教職を希望されていらっしゃるとのことですが、教職浪人もたくさんいますよね? それから教職はかなりヘビーストレスで、私のところにも結構相談者さんがいらっしゃいますよ。
整理して考えましょう。質問者さんの希望する教職に就くためには、まずは大学を休学し、きちんと治療に専念しましょう。退学は考えない方がいいですよ。8年かけて卒業した方が、中退するより社会的な評価は全然高いです。
ですから、躁と鬱の波が収束してきたら復学して、大学を卒業して(同時並行かな?)教員採用試験を頑張りましょうよ。
このままだと、鬱の落ち込みを深めてしまい、躁と鬱の波の幅が開き、より治療に時間がかかることが予想されます。ですから、今すぐに休学して、治療に専念してください。双極性障害はコントロール可能な病気です。それに長い人生を考えれば、大学卒業に8年かけてしまったっていいじゃないですか。同期においていかれたっていいじゃないですか。人生で一番無意味なことは他者との比較です。
それから、双極性障害で怖いのは鬱状態ではなく躁状態の時ですからね。くれぐれもご注意を。
実は、きしくも、私も双極性障害の2型です。私は6年前にうつ病で仕事を休職し、一年間療養しました。その間に躁転してしまい、うつ病が治ったと誤診されて復職しました(2型なので激しく躁ではありませんでした)。その後半年して再度うつ状態になり、ようやく双極性障害と診断され、治療をやり直し、再度復職しました。結局、2年休職しましたね(笑)
現在は、7年経過し、現在はイフェクサーとラミクタールを服用していますが、通常勤務に戻っています。
当時はこれでもエリートとして就職し、優秀な同期達に囲まれて頑張ってきましたが、双極性障害になり出世レースからはドロップアウトしました。何より寂しかったのが、病気になって離れていった人たちもいました。
でも、今は本当に幸せですよ。何故なら今が一番自分らしくマイペースに生きていられているという実感があるからです。趣味もたくさんありますしね(^^)
関連記事
内山田 宏
Author: 内山田 宏
認定心理士

コメント(0)

There are no comments yet.