nendアフィリ(

 )
プロメンター公式サイト     メンタルヘルス支援の会会長   公式サイト

Welcome to my blog!

パニック障害にどう対処したら良いですか?

2019/11/07
不安障害 0
 パニック障害の26歳の女性の相談者さんです。
今年5月におそらくパニック障害と医師から言われました。症状は4年前から現れてましたが、その頃は生活に支障はなかったです。
今年に入ってからめまいや発作、食欲減退、痺れ、不眠など会社を休む回数が増えました。
大好きな人たちとの別れと会社での人間関係が問題だと思っています。上司に人間関係のことは相談して少し対処はしていただきましたが、またあの席に座って一日仕事をしなければならないと思うとめまいがします。
ずっと胸に何かが詰まって苦しいです。自分がもっと上手く人間関係を築けたら、上手く流せたらと思います。
こうなってしまったのは甘えなのか我慢のし過ぎなのか、よく分からないです。仕事は休職あるいは退職したいですが、次の仕事も見つかるのか、親が苦労して大学に通わせてくれたのに3年も経たずに辞めるのか、など色々考え込んでしまいます。
親には話すタイミングを失ったのと、心配をかけたくない思いで話していません。仲のいい友人2人にだけです。軽く相談するだけで深くは話していません。
心療内科に5月から通っていて薬こそもらっていますが効いているかは分かりません。どうしたらいいのか分かりません。ダメな自分自身が悲しいです。寝て、もう起きなければいいのにと思います。消えてしまいたいです。
私は今後どうしたらいいでしょうか。
この質問に対する、お返事です。
お辛い状況ですね。お察しします。まず、パニック障害は薬では治りません。パニック障害は体調の変化を敏感に受け取る脳の過剰反応であり、多くが不安を生み出すアドレナリンの過剰分泌が原因です。
抗不安薬を飲んだり、サプリメントを取ったり、マッサージをしたりして改善を促す指導をする医師もいますが、しかしそれはパニック障害の根本治療ではありません。
パニック障害の人は幼少時に過度な親の過保護や、甘え、逆に過度な統制、押し付けなど社会不安を生み出す接し方を受けたことにあると言われています。確かに、親の子供への接しかたの過度な変化は、子供の心に不安を生み出しますよね。そのような幼少時の不安体験から、大人になってからは体調の変化を意識すぎることによります。具体的には、内臓緊張型と言われるものを引き起こしてしまうのです。
パニック障害は体調を忘れることと発作が起こっても我慢と無視すること、そしてもし人前で倒れたら‥‥などという過度な心配を捨てます。そして、内面の細かい観察(また心臓がどきどきしてきた、次は頭が締め付けられるのか)といった症状を他人を観察するように冷静に受け入れることがポイントです。
他人のことのように自分の変化を仔細に観察し、ある種の諦観をもって、ありのままを受け止めることです。逃げなくても大丈夫です(逃げては改善しませんよ)。
改善がなければ、またメールしてください✉️
関連記事

Comments 0

There are no comments yet.