nendアフィリ(

 )
プロメンター公式サイト     メンタルヘルス支援の会会長   公式サイト

Welcome to my blog!

オピオイド系鎮痛剤 

2019/11/22
ドラック系 0
ざっくりいってしまうと、オピオイド=麻薬です。したがって、痛みがない時に服用すると多少の麻薬に伴う快楽物質の分泌による中毒性があります。痛み止めは痛い時だけ慎重に服用しましょう。
鎮痛効果の強さランキング
クラスA  麻薬(モルヒネ) 
クラスB コデイン(弱い麻薬)
クラスC NSAIDs(非ステロイド性鎮痛抗炎症剤)
クラスC  内の強さ
ジクロフェナクナトリウム(ボルタレンなど)≧ロキソプロフェンナトリウム(ロキソニン)>インドメタシン>イブプロフェン>ポンタール≧アスピリン
(強い)
ロルノキシカム(ロルカム) 持続性 副作用多い
ロキソプロフェン(ロキソニン) 副作用少ない
セレコキシブ(セレコックス) 持続性 副作用少ない
メロキシカム(モービック) 副作用少ない
エトドラク(ハイペン) 副作用少ない
メフェナム酸(ポンタール) 
(普通)
イブプロフェン(ブルフェン) 安全、小児に使える
アセトアミノフェン(カロナール) 安全、小児に使える
(弱い)
アスピリン(バファリン) 用量を少なくすると血栓予防として使える(こっちの使い方の方が多い)


<

大麻のエッセンシャルオイルのリラックス効果



       
関連記事

Comments 0

There are no comments yet.